職業実践専門課程

/職業実践専門課程
職業実践専門課程 2018-03-29T17:35:58+00:00

学校と企業が連携し、最新実務の「知識」「技術」「技能」を身につける仕組みです

職業実践専門課程概要

職業実践専門課程とは、専修学校専門課程(専門学校)のうち、企業等と密接に連携して、最新の実務の知識・技術・技能を身につけられる実践的な職業教育に取り組む学科を文部科学大臣が「職業実践専門課程」として認定します。
認定を受けるには、カリキュラム作成や実習・演習等を、各分野の企業等と連携しながら、教育水準の維持・向上に努めていることなどが条件となっています。

本校では地元企業との連携をより一層強化するため、本認定の取得に積極的に取組み、「ITスペシャリスト学科」が平成27年に、「ITビジネス学科」と「IT医療事務学科」が平成29年に認定を受けています。これにより飯田コアカレッジの全学科が認定を受けています。

職業実践専門課程の認定要件

職業実践専門課程は、文部科学省が定めたすべての要件を満たしてはじめて認定されます。

企業との連携によるカリキュラム

さらなる取り組み

今年度からは地場産業への理解を深め、商品開発や販路の検討を地元企業の方から学ぶITビジネス学科の「マネジメント」、IT医療事務学科の「病院実習」などの演習科目をカリキュラムに取り入れ、授業で学んできたことを現場で実践することにより職業教育を視野に入れた知識と技術の習得が可能になりました。本校ではITビジネス学科、IT医療事務学科についても申請しています。

職業実践専門課程の詳しい情報

職業実践専門課程サイト(文部科学省)
次回オープンキャンパス6/30土 お申込み
close-link