校内就職ガイダンス

//校内就職ガイダンス

5月17日に開催される「ふる里就職の集い飯田2014」に先駆けて、「校内就職ガイダンス」が開催されました。「企業が求める人材について知り、就職活動の課題を見出す」という目的で2年生は17日のガイダンスに積極的に臨めるように、1年生も年末には本格始動となる就職活動に対する意識を高める機会にと、実施されました。
講師にみなみ信州農業協同組合 総務企画部人事教育課 課長の岡沼 勲様をお招きし、「企業の概要」と「企業で求められている人材と就職活動する上での心構え」というテーマでの講演と、卒業生4名に、「就職活動の体験談と現在の仕事について」お話をしていただきました。
就活をしている私たちにとって今必要で、就活をしていく上でとても参考になる内容で、真剣に聞きたくさんメモを取りました。
講師の方は、今企業に求められている人材は、コミュニケーション・積極性・粘り強さ・心身の健康が重要だとわかり、自分の足りないところに気づけ、就職活動だけでなく就職した後も役に立つことを学び、得ることができました。積極性が足りない私たちにとって、積極的に行動に移すことは難しいかもしれませんが、何事にもチャレンジしていくことが自分の成長、未来につながることを学んだので、実践していきたいと思いました。
また、卒業生の体験談からも、早め早めに行動することの大切さ、苦労するのは今だけで、1年たったら忘れるくらい充実した仕事ができていること、常にメモを取り別のノートにまとめて活用していくことなど、就職活動から1年間の経験を通して学んだこと、私たちに実践してほしいことを伝えてくれました。
2年前は私たちと同じこの学校で授業を受けていた先輩方ですが、ここで学んだことを活かして仕事をされている姿がとてもカッコよく見えました。そして身近な先輩方の生の声を今度は私たちの行動力につなげ、就職につなげていきたいと思いました。
今日のガイダンスを通して多くの課題が見えてきましたが、聞いて満足せずに、今後に活かしていこうと思います。明日から連休だからとのんびりせずに、やるべきことはたくさんあるので、積極的に活動を進め、就職だけでなく、資格取得や学生生活でもたくさんの成果を出していけるよう頑張ろうと思います。

guidance-01

2016-10-13T14:13:43+00:00 2013年 4月 26日 |