はじめての3次元CAD授業

//はじめての3次元CAD授業

本校のITスペシャリスト学科は、企業等と密接に連携して、最新の知識・技術を身につけられる実践的な職業教育に取り組む学科として、平成26年2月17日付で、職業実践専門課程に文部科学大臣から認定されました。これを機に、企業との連携をさらに強化し、即戦力となる知識と技術を習得することを目的に、飯田産業技術大学と飯田技術専門校(長野県スキルアップ講座)のご協力の元、3次元CAD「Solid Works2014」入門講座への受講が可能になりました。
第1回目の授業が、5月13日飯田技術専門校のコンピュータ室で行われ、本校の学生7名の他に、地元企業や県外企業の方8名が参加し、株式会社アドライズの唐澤 聖先生にご指導いただきました。
最初の自己紹介では本校の学生が、「授業の一環ではあるが3次元CADに興味があったのでしっかり学びたい」「ぜひ習得して就活の幅を広げたい」「ものづくりの仕事に就くため習得したい」と話し、積極的に授業に臨む姿勢が感じられました。また、企業から参加された方から、3次元CADを使っている業種や部署などを聞くことができたことは、就活する上でも参考になったと思います。
この日は、入門編としてSolid Works2014の機能を知り、基本的な操作方法を確認したところで、実際に部品のモデリング(作成)やアセンブリ(組立)を学びました。次回は、7月7日~9日までの3日間で、さらに高度な技術の習得を目指します。

3D-CAD_01

2016-10-13T14:40:53+00:00 2015年 5月 18日 |